ホーム ルイボス 【実飲レビュー!】プライムルイボスティー

【実飲レビュー!】プライムルイボスティー

こだわりのルイボスティーを販売している「ルイボス本舗」より、水出しできる「プライムルイボスティー」が新発売されました。

ほかのルイボスティーとどう違うのか、実際に飲んでレビューしていきます。

おしゃれな紙パッケージ

注文して2日ほどで、「プライムルイボスティー」が届きました。

環境に配慮しているのか、再生紙のようなおしゃれな紙パッケージです。

スタイリッシュなイラストが描かれていて、このままキッチンに置いておけそうなデザインだと感じました。

裏面にはおすすめの飲み方が記載されています。

ホットでもアイスでも気軽に飲めそうです。

パッケージには、ルイボス茶葉の最高級グレードである、RJPオーガニックを使用していると書かれています。

RJPオーガニックとは、南アフリカのルイボス全生産量1%未満しかないといわれている貴重な茶葉です。

他社製品と比べて大きなサイズの茶葉や茎などをほとんど含んでいないのが特徴です。

最高級のルイボス茶葉を使用しているから、「プライム(優良な、すばらしい)」という名前が付けられているのですね。

どんな味がするのか楽しみです。

さっそくパッケージを開けてみます。

中にはプライムルイボスティーのティーバッグが、たっぷり60個入っています。

パッケージはチャック付きなので、しっかり保存できるのはうれしいなと思いました。

まずはホットでいただきます!

プライムルイボスティーのティーバッグには、紐や紙はついていません。

裏面の説明を見ると、1杯ずつ淹れるタイプではないようです。

500mlのお湯にティーバッグ1個を使うので、大人数でのティータイムにも良さそうですね。

手持ちのティーポットにティーバッグを入れて、しばらく待ちます。

おすすめの飲み方のとおり、5分ほど待つとルイボスティーらしいきれいな赤色に変化しました。

茶葉のいい香りがキッチン中に広がります。

一口いただくと、香ばしさと奥深い味わいでいっぱいになりました。

ノンカフェインなので、寝る前のリラックスタイムに飲んだり、妊娠中に飲んだりすることも可能ですよ。

簡単に水出しできる

お次は冷やして飲みたいと思い、おすすめの飲み方を見てみます。

プライムルイボスティーをアイスで飲む場合は、1Lの水に対してティーバッグ2個を使用するそうです。

ピッチャーや冷水用ポットに水と一緒に入れて2~3時間待つだけでOKとのこと。

わが家にあったのは2Lのピッチャーだったので、ティーバッグ2個と水を半分入れて、冷蔵庫に置いておきました。

3時間後、冷蔵庫から取り出してみます。

美しい赤色に染まったルイボスティーができました!

香りや味わいはホットの方が濃いですが、アイスでもおいしくいただけます。

麦茶や緑茶と比べるとさっぱりした味なので、ゴクゴクと飲めてしまいます。

うれしいのは、ティーバッグを取り除かなくてもいいところです。

麦茶はティーバッグをいれたままだと底に沈殿してしまうのですが、ルイボスティーはタンニンが少ないため、そのまま入れておいて大丈夫だそう。

500mlの水筒にティーバッグ1個を入れれば、外出時にもおいしいルイボスティーが飲めますよ。

ホットでもアイスでもおいしく飲めて、簡単に水出しできるプライムルイボスティー。

夏場は麦茶の代わりにしたり、冬のリラックスタイムにホットでいただいたりと、たっぷり楽しめますよ。

ぜひ、試してみてはいかがでしょうか。

タイトル「おすすめ記事」
タイトル「人気ランキング」
ページトップへ戻るボタン